鼻が高い女性

鼻整形のおすすめの手術方法を医師が大公開します。

公開日
更新日

この美容整形のコラムを読むのに必要な時間は約 13 分です。

CASE 症例情報

鼻の美容整形が顔全体の美しさに与える影響とは?

鼻の大きさや形が、顔全体の印象に大きく影響することをご存知でしょうか?鼻は顔の中心的なパーツなので、その形を整えることでより自然な印象を与えることができます。鼻に伴う様々な施術を理解することで、理想の鼻を手に入れることができます。

鼻の美容整形による印象効果

鼻整形をすることで、お顔全体のバランスを整えることができます。それにより、お顔全体の印象を大きく変えることが可能です。

おすすめの整形7選

鼻の美容整形は、汎用性の高い医療手術です。当コラムでは7つの美容整形メニューについて詳しく解説します。

鼻尖形成術

いわゆる「団子鼻」と呼ばれる治療で、鼻を細くすっきりとした形に形成する手術です。鼻を高くしたいわけではなく、鼻先をスッキリした形にしたいお客様に適しています。

希望する形や見た目を実現するために、クローズド法、オープン法、3D法などがあります。

クローズド法は、左右の鼻腔内をそれぞれ切開していく手術法です。

鼻の中で切開し縫合まで完結するので、傷跡が目立ちにくいというメリットがあります。

オープン法は、鼻孔の間にある鼻柱部分を横方向に切開して手術する方法です。大鼻翼軟骨が目視できるように手術を行っていくので、鼻先の形をイメージしながら手術を行うことが可能です。

鼻尖形成を行った女性の手術直後と1か月後の症例写真

鼻の形や見た目をよりコントロールできるため、優れた方法であると考えられています。

3D法では、上記2つの方法と異なり、鼻を形作る力を高めるために、大鼻翼軟骨を加工する治療です。

鼻柱および両側の鼻腔内を切開し、大鼻翼軟骨の一部を切除して軟骨自体のボリュームを抑えます。

通常、クローズド法やオープン法ですと、中の軟骨組織を縛って変化させても、厚い軟部組織や皮膚に遮られて外側から変化が見えにくくなります。また、縛って細くしても大鼻翼軟骨の構造上、鼻が上を向いたり、高さが出にくい場合があります。鼻尖形成3D法はこうしたデメリットがほぼないことが特徴です。

鼻尖形成術の特徴

鼻尖形成術を受ける大きなメリットは、鼻先の丸みが軽減され、シャープな印象になるため、鼻の輪郭がすっきりとすることです。

さらに、この手術は、鼻の真ん中の段差を減らしたい人にも有益です。この手術は、鼻の段差と隆起を整え、鼻の表面を全体的に滑らかにすることができるからです。

鼻整形を受けるもう一つの利点は、手術によって自信を持てるようになることです。鼻の形の悩みがなくなることで、自分の顔に自信を持つことができ、外見だけでなく内面も輝くことが可能です。

鼻尖形成術がおすすめのお客様

鼻尖形成術は、鼻先の形を整えたいと考えているお客様にとって素晴らしい選択肢となります。鼻整形を受ける主な利点は、鼻全体をよりバランス良くシャープに見せ、自分の見た目に自信を持つことができることです。

鼻尖形成 鼻尖形成3D法

鼻中隔延長手術

鼻中隔延長術は、鼻先の高さや向きを変えるために行われる手術です。鼻先を高くしたり、角度を下に変えたりして、ツンとした美しい鼻先にすることを目的としています。

鼻中隔延長術では、鼻中隔軟骨に耳軟骨、鼻中隔軟骨を移植して鼻尖の形状を変えます。多くの場合、鼻の穴と穴の間の「鼻柱」と呼ばれる壁を切開し、広い視野を確保するオープン法で行われます。逆に、鼻柱を切開しない手術がクローズド法です。肋軟骨を移植するクリニックもあります。

自身の軟骨を使用するため、手術後の安定性が高く綺麗に仕上がります。鼻中隔延長は、鼻先の高さや向きを変えることができるため、お客様の希望に沿った鼻を作ることができます。

鼻中隔延長を行った女性の手術直後と1か月後の症例写真

鼻中隔延長術がおすすめなお客様

鼻中隔延長術は、鼻先の形に不満があるお客様が選択できる手術です。この手術では、鼻の高さや向きを調整し、鼻筋を美しくすることができます。また豚鼻でお悩みの方は、鼻先を下向きにすることも可能ですし、逆に鼻先をアップノーズにすることも可能です。

手術後は固定するため、1週間ほどギプスを装着する必要があります。完全に完成するまでは、術後6ヶ月は要します。

鼻中隔延長術は、鼻先の高さと向きを変えるために使用できる手術です。安定性が高く、しなやかで自然に見える鼻に仕上がります。鼻中隔延長術は通常、鼻先が丸いお客様、鼻が長いお客様、鼻の穴が目立つお客様におすすめです。手術後の腫れが完全におさまるまで時間がかかりますが、マスク等で隠せる範囲なので、すぐにお仕事復帰される方も多くいらっしゃいます。

鼻中隔延長

わし鼻修正

鼻筋の中央が盛り上がっているわし鼻は、硬い印象を与えてしまいます。これを修正するためには、鼻の中央の凹凸を修正する必要があります。わし鼻修正では、凸凹の部分を滑らかにすることで、鼻筋をまっすぐにする治療です。

軽度や中等度のわし鼻に関しては、ヒアルロン酸の注入やプロテーゼの挿入によって矯正を行うことが可能です。しかし、重症の場合は、凸凹の部分の骨を削ることで、鼻筋を滑らかにします。わし鼻修正は基本的に傷跡は目立ちません。

わし鼻修正では、一度凹凸を取り除けば、その効果は半永久的に持続します。お客様がどの程度鼻を修正したいのかによって、手術方法が変わってきます。

わし鼻を行った女性の手術直後と1週間後の症例写真

わし鼻修正がおすすめのお客様

わし鼻の修正は、鼻筋の凹凸が気になる方におすすめの手術です。手術は半永久的ですが、専門医に相談し、さまざまな方法を理解することが重要です。

わし鼻修正

小鼻縮小

小鼻縮小術とは、小鼻を小さくする手術のことです。小鼻縮小には、注射のみの方法から、メスを使う手術まで様々な方法があります。小鼻縮小は切開だけでなく、糸や注射を使用する方法もあり、切開に抵抗があるお客様でも施術を受けやすくなっています。メスで切開しない場合は、ダウンタイムが短くなります。

シリコンプロテーゼ+鼻尖形成3D法+軟骨移植+小鼻縮小内側法の症例写真18

小鼻縮小の特徴

メスを使う方法と注射を使う方法があります。小鼻の膨らみの程度や形は、お客様1人ひとり異なりますので、カウンセリング時に医師が小鼻の状態を確認させていただき、お一人お一人に最適な施術方法をご案内します。

ボツリヌストキシンを注射して小鼻に小鼻が膨らまないようにする施術より、小鼻の一部を切開して縮小する方法の方が症例数が多いです。 

ボツリヌストキシン注射は、筋肉の動きを抑制する働きがあり、小鼻を横に広がらないようにすることで、小鼻を小さく見せる施術方法です。

切らずに小鼻を縮小する場合、糸を使った方法もあります。埋没法とも呼ばれています。この方法は、小鼻の横から糸を通して、両方の小鼻を締め付けて寄せる方法です。

小鼻縮小手術がおすすめのお客様

小鼻の横の広がりが大きい、小鼻の幅を小さくしたい、鼻の穴を小さくしたい、鼻の穴を左右対称にしたいお客様などにおすすめです。

小鼻縮小は、小鼻を小さく見せたり、鼻の穴を小さくしたりする手術です。この手術は、鼻の形を整え、より美しい鼻にしたい人に役立ちます。どのような種類の小鼻縮小術を受ける場合でも、事前にカウンセリングを行い、医師と相談することが重要です。

小鼻縮小

鼻プロテーゼ

鼻プロテーゼ(隆鼻術)とは、鼻柱の目立たない箇所を1mm程度切開し、皮膚をめくります。

鼻の骨に沿って、プロテーゼをまっすぐになるように挿入していきます。

切開した箇所は、医療用の糸を使用して、傷口が目立たなくなるよう丁寧に縫合します。メスは鼻の穴の中に入れるので、傷跡は目立ちません。

人工軟骨(シリコンプロテーゼ)の手術は、ヒアルロン酸とは異なり、半永久的に理想の鼻筋を維持することが可能です。

シリコンプロテーゼ+鼻尖形成3D法+軟骨移植+鼻中隔延長耳介軟骨+他院修正+MD式の症例写真

鼻プロテーゼの特徴

鼻プロテーゼは、シリコンプロテーゼを鼻に挿入することで、ずれる心配のない理想的な鼻筋を作る手術です。ヒアルロン酸の施術と比べて、半永久的に理想の鼻筋を維持することが可能です。

ヒアルロン酸の施術は1〜2年程度しか持続せず、定期的に注入をする必要があります。

鼻プロテーゼの手術は1〜2時間かかり、治癒過程はお客様のライフスタイルや自然治癒力によって異なります。手術後、希望する結果を得るためには鼻の手入れを十分に行い、適切なケアを行う必要があります。

鼻プロテーゼがおすすめのお客様

鼻プロテーゼは、ずれる心配のない半永久的な理想的な鼻筋を作りたいお客様に最適な方法です。手術の前に、熟練した経験豊富な外科医より適切なカウンセリングを行いますのでご安心下さい。

シリコンプロテーゼ

鼻のヒアルロン酸

シワの部分にヒアルロン酸を注入することで、凹んだシワをなめらかにしながらシワを改善する方法ですが、鼻にヒアルロン酸を使用することで鼻に高さを出すことも可能です。鼻のヒアルロン酸の特徴

鼻のヒアルロン酸は、見た目の美しさを追求するお客様にとって、多くのメリットがあります。ヒアルロン酸は皮膚に注入されるため、傷跡を残す必要がなく、低侵襲で日帰りの施術が可能です。

ヒアルロン酸を注入しているところ

鼻のヒアルロン酸がオススメのお客様

鼻にヒアルロン酸を使用する主な利点は、手軽に受けられる点です。これは、より侵襲的な外科的処置を受けたくないお客様、美容整形に抵抗があるお客様のための理想的な施術になります。ヒアルロン酸注入は、外科手術を受けることなく、即効性を提供することができます。

鼻のヒアルロン酸

スレッドノーズ

鼻を高くしたり、シャープにしたり、団子鼻を改善する方法として、シリコンプロテーゼ、鼻尖形成術、鼻尖軟骨移植などがありますが、どれも切開を伴う手術です。なるべく切開は避けたいけど、やっぱり鼻整形はしたいというお客様も多いのではないでしょうか。

スレッドノーズの症例

スレッドノーズの特徴

スレッドノーズとは、棘のある糸を鼻先から挿入し、鼻の形を整える施術です。糸は医療用の素材でできており、挿入後、徐々に溶けて体内に吸収されます。吸収された後も、糸の周りのコラーゲンが繊維化し、鼻の形を維持するので、長期的な効果(約6ヶ月)が期待できます。もちろん、無切開での施術ですので、傷跡は針穴程度で済みます。

スレッドノーズがおすすめなお客様

スレッドノーズは、切開せずに美容整形をしたいお客様、鼻筋を通したいお客様、低い鼻にお悩みがあるお客様、におすすめです。

スレッドノーズの施術の大きなメリットは、無切開で行えるということです。つまり、目に見える傷跡や跡が残らず、また、施術が短時間で済むので、時間をかけずに効果を得ることができます。

スレッドノーズ

まとめ

鼻の美容整形は、どのような方法で行うかによって、回復にかかる時間が異なります。一般的に、外科的な鼻整形の場合、完全な結果が明らかになるまで6ヶ月ほどかかることがあります。

腫れと内出血は一般的で、お客様は合併症を避けるために、慎重に医師の指示に従うように注意する必要があります。非外科的鼻形成術では、回復は通常はるかに短く、腫れや内出血腫れや内出血などの副作用は通常最小限です。

鼻整形なら東京シンデレラ美容外科へ

東京シンデレラ美容外科では、鼻整形の美容整形を多く行っております。
鼻整形の正しい情報を分かり易く伝えられるように医師が丁寧にカウンセリングを行っていますので、美容整形が初めての方も、一度当院のカウンセリングにお越しください。
東京シンデレラ美容外科は新宿、池袋、大宮の3院あります。新宿院は新宿駅「B12」出口より徒歩30秒 、池袋院は池袋駅東口より徒歩2分、大宮院は大宮駅西口より徒歩2分にあり、いずれも駅近くでお越しいただきやすいです。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

東京シンデレラ美容外科の看板

まずはお気軽に無料カウンセリングを
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。
患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、最適な施術をご提案させていただきます。
もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

鼻整形

Doctor 本ページの監修医師

吉原 伯

吉原 伯(よしはら のり) NORI YOSHIHARA

美容外科医として、培ってきた技術と美的センスを皆様にご提供いたします。
その中で、あなたのご希望に合うものを一緒に選んでいきましょう。
外見だけでなく、あなたの内面を輝かせるお手伝いが出来ればと思っています。
どこが気になりますか?どのようなお悩みもまずは、ご相談にいらしてください。

>> 詳しいプロフィールはこちらから

■ 資格

  • 美容外科専門医(JSAS)
  • サーマクール認定医
  • ベイザー脂肪吸引認定医
  • 日本救急医学会ICLSコース取得
  • 日本美容外科学会正会員(JSAS)
  • 日本美容皮膚科学会正会員

■ 略歴

  • 神戸大学医学部医学科卒業
    医療法人社団愛友会 上尾中央総合病院勤務
    (麻酔科、皮膚科、形成外科)
  • 湘南美容クリニック新宿本院、大宮院 勤務
  • 湘南美容クリニック大宮院院長就任
  • 早稲田大学大学院卒 MBA修了
  • 湘南美容クリニック新宿南口院院長就任
    SBCメディカルグループ統括院長補佐就任
  • SBCメディカルグループ代表補佐就任
  • 東京シンデレラ美容外科新宿院院長就任
  • 医療法人社団東新会理事長就任

さまざまな学会の専門医・会員が在籍

下記の資格を持つ医師が在籍しています。

美容外科専門医(JSAS)、日本美容外科学会会員、サーマクール認定医、ベイザー脂肪吸引認定医、日本救急医学会ICLSコース取得、日本美容皮膚科学会正会員

医師紹介ページ

医療広告ガイドラインについて

医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

①体験談の削除
②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載
患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

医療広告ガイドラインについて

HOT MENU 人気の施術