全切開
zensekkai

全切開二重術

埋没法では叶えられない!
一生モノのパッチリ二重

投稿日
更新日
About

全切開二重術とは

パッチリと大きな目元を作る

全切開二重術は切開法の一種であり、その名前のとおり、「広い範囲」を切開することで、よりくっきりとしたデザインの二重やパッチリと大きな目元を作ることができる人気の美容整形です。

埋没法などの切らない二重整形以上にくっきりとした二重を作ることができるのはもちろんのこと、半永久の理想の二重を作ることができるのが全切開二重術です。

まぶたが厚くはれぼったい印象を改善したいという方や、幅広のパッチリとした平行型二重を作りたいという方、埋没法などの美容整形では満足のいく結果が得られなかった方、半永久の二重を手に入れたい方などは、全切開二重術を行っていただくことで、より理想に近い二重を手に入れていただくことができます。

たるみ取り全切開二重術と眼瞼下垂と目頭切開と埋没法抜糸※MD式の症例写真

切開法とは

切開法とはメスを使い、まぶたの皮膚を切開して二重を作る方法です。

埋没法に比べるとダウンタイム(術後の経過)が長くなりますが、永続的な二重を作ることができるのが最大の特徴です。

まぶたの厚い方、目の周りに脂肪が多い方、蒙古ひだのハリが強い方などは、埋没法による二重整形が難しい場合もあり、手術をしてもすぐにもとに戻ってしまったり、思い通りの仕上がりにならない可能性があります。しかし、切開法では、埋没法では実現できないレベルのくっきりとした二重を作ることができるため、まぶたが厚い方や蒙古ひだが覆いかぶさっているような方でも理想の二重を作ることができます。

末広型の二重や平行型の二重、狭い平行型の二重など、様々なタイプの二重が作りやすいというのも切開法のメリットです。

全切開手術をしている吉原医師

おすすめの方

  • 長続きする半永久の二重を手に入れたい方
  • まぶたの厚みが気になる方
  • まぶたのたるみをスッキリさせたい方
  • 幅広の二重ラインを希望される方
  • まぶたが厚く埋没法が難しい方
全切開を案内するカウンセラー
Detail

全切開二重術の解説

切る二重整形

全切開二重術は、埋没法による手術が難しい方(まぶたの厚い方など)や、目の周りに脂肪が多めの方でも可能な二重整形です。

まぶたの皮膚を切開し、皮下にある眼輪筋や瞼板、眼窩隔膜の処理、ケースによっては眼窩脂肪などの除去も行うことで永続的な二重を作ります。

「切る二重整形」は総称として切開法とよばれていますが、切開部位によって様々な方法があります。

全切開二重術は、切開法の中でもまぶたの上側をなりたい二重ラインに合わせて切開する方法であり、「綺麗でくっきりとした二重ライン」を作ることができる人気の美容整形です。

切開範囲が長くなるため、まぶたの厚い方や脂肪が多い方でもパッチリとした二重を作ることができるのが全切開二重術のメリットです。

さらに、併用してまぶたの脂肪やたるみを取り除ことも可能なため、目元全体の印象をパッチリとしたイメージへと変化させることができます。

くっきりとした幅広の二重を作りたい方や、目元全体の印象を変えたいという方は、全切開二重術が非常におすすめです。

切開するラインの解説

メリット

全切開二重術は、まぶたの厚みをスッキリとさせることができたり、幅広いラインの二重を作ることができるのはもちろん、「オーダーメイドの理想的な二重デザインを作る」ことにも優れた手術方法です。

埋没法などの二重術では、作ることができる二重のデザインに限界があり、お一人おひとりの細かなご要望に全てお答えすることが難しい場合もあります。

しかし、全切開二重術であれば、平行型二重や末広型二重などを自由にデザインすることができるのはもちろんのこと、二重ラインの幅や長さなども比較的自由に変化させることができます。

目頭側や目尻側の二重ラインを微妙に調節するだけでも、一気に目元の印象を変えることができますので、オーダーメイドでより自由度の高い二重のデザインを希望されるという方は、全切開二重術による二重整形がおすすめといえます。

MD式たるみ取り併用全切開法二重術と眼瞼下垂手術と目頭切開と他院で受けた埋没法の抜糸の症例写真

全切開二重術で作れる二重ラインの種類

  • 末広型二重
  • 幅が広い平行型二重
  • 幅が狭い平行型二重
  • 奥二重 など

幅が広い平行型

目をとにかく大きくしたい方に向いている形です。
華やかな印象の目元を作ることができます。
二重の幅を広げすぎると不自然になってしまうため注意が必要です。

幅が狭い平行型

幅が狭い平行型二重は、メイクをしていなくてもはっきりとした印象の目元です。
どちらかというとクールなイメージになります。
幅の広い平行型では不自然になってしまう場合も、幅が狭い平行型であれば自然に仕上がりやすいです。

末広型

目頭の蒙古ひだがのハリが強い場合、二重のラインが目頭から目尻にかけて幅がだんだん広がっていくような二重のラインになり、この形を末広型といいます。
末広型はアジア人に多いタイプの二重であり、日本人の顔に馴染みやすい自然な印象の二重になります。
バレにくいナチュラルな二重を作りたい方におすすめです。

Process

全切開二重術の経過の症例写真

手術前

たるみが見られ、眼瞼下垂の症状もあったので、MD式たるみ取りを併用して、全切開法二重術+眼瞼下垂手術を行いました。

全切開の手術前の症例写真

手術直後

皮膚を切開していますが、大きく腫れは見られません。

全切開の手術直後の症例

1週間後

なるべく腫れないように手術を行ったので、1週間後にはほとんど腫れが引いています。

全切開1週間後の症例

2週間後

全切開2週間後の症例

1ヶ月後

華やかな目になりました。ラインも平行になっています。

全切開1か月後の症例
Option

オプション

全切開二重術は、まぶたの皮膚を切開してと取れにくい二重を形成する手術方法です。

クリニックによって術式に若干の違いはありますが、基本的には「まぶたの皮膚を切開する」手術となります。

当院では、一般的な全切開二重術に加えて、様々なオプションをご用意しており、お客様の細かな要望にお答えすることが可能です。

二重のデザインや仕上がりのイメージはもちろん、ダウンタイムや炎症を軽減するオプションをご用意しておりますので、安心・安全面に配慮した美容整形を受けていただくことが可能です。

RFナイフを解説する医師

MD式(ミニマムダウンタイム式)

MD式(ミニマムダウンタイム切開法)は、できるだけダウンタイムを短くしたい方におすすめなオプションです。
当院の吉原医師が考案した術式で、他のクリニックでも採用されているオプションです。
切開に伴う内出血や腫れなど、術後のダウンタイムが気になる方におすすめです。
経験豊富なドクターがメスなど手術に使う道具から術式に至るまでのこだわり、ダウンタイムを極限まで短くすることが可能です。MD式オプションではメスの代わりに「RF(電波)ナイフ」を使うことで、出血や腫れを抑えて美しい仕上がりも期待できます。術中の出血を極限まで減らすことが可能です。
それにより、術後に血腫ができにくくなるため、ダウンタイムが短くなるだけでなく、仕上がりも圧倒的に美しくなります。

RFナイフの特徴1  止血がしやすい

目や鼻の美容整形手術で使用される一般的な電気メスは電流的切開・凝固で0.4MHz(400kHz)前後の周波数を使用するのに対して、RFナイフは4.0MHzという高い周波数を使用し電派的切開・凝固のため、手術中止血がしやすく組織にダメージを与えにくい事が特徴です。

RFナイフの周波数の図解

RFナイフの特徴2  侵襲範囲が少ない

交流電流は周波数が高くなるほど、電気の深達度が浅い事が特徴です。RFナイフは周波数が高いため、一般的な電気メスとは違い真皮まであまり到達せずに済むため組織に与えるダメージ(侵襲)が少なくすみます。
また、RFナイフは深達度を一定に保つことが可能なので、狙った部位のみに作用することが可能なため、繊細な切開や凝固を行うことができます。

RFナイフの図解

RFナイフの特徴3 組織炭化が少ない

RFナイフはより少ないパワーで熱を狭い範囲に集中することができるため、出力が高い電圧によるスパークの発生を抑えることができるため、感染(SSI)の原因となりうる組織炭化を少なく抑えることが可能です。

RFナイフの炭化組織の発生の図解

オプション料金:69,000円(税込)

たるみ取り

たるみ取りはまぶたのたるみが気になる方におすすめなオプションです。
皮膚を切開し、まぶたのたるみの原因となっている余剰な皮膚も切除して、二重を形成します。ケースによっては皮膚だけでなく、眼窩脂肪も除去可能です。目もとがスッキリとするだけでなく、目もとをパッチリと若々しく見せられます。)

INSTAGRAM

#全切開二重術の人気の症例写真

CASE 症例情報

まずはお気軽に無料カウンセリングを
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。
患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、最適な施術をご提案させていただきます。
もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

Details and effects

全切開二重術の詳細

施術名
全切開二重術
施術時間
30分
通院回数
1回
抜糸
6~8日目
メイク
目もとは1週間程度
洗顔
目もとは48時間後
入浴(お湯につかる)
1週間後
ダウンタイム
2週間程度
副作用・リスク
傷、だるさ、熱感、頭痛、じんましん、かゆみ、むくみ、発熱、咳、冷や汗・胸痛、目がゴロゴロする、施術箇所の知覚の麻痺・鈍さ、しびれ、傷痕のもり上がり・凹み ・色素沈着、希望と異なると感じる、仕上がりに左右差があると感じるなどを生じることがあります。
施術の価格(税込)
186,000円
Guarantee

保証

保証について
・安心して施術をお受け頂けるよう、保証期間内は、該当する施術を無料で行います。
但し麻酔代・オプション料金は通常料金が別途かかります。
・施術代の返金は一切行なっておりません。
・再手術の決定の際には、医師の診察、施術前後の写真による判定があります。
・写真撮影を拒否している場合は、保証制度の対象外となります。
・施術に関わる診察、再手術は原則として担当医が行います。
・再施術による負担が危険だと考えられる場合や、改善が見込まれない場合、適応が見られない場合
など、医師の判断により再施術をお断りすることがあります。
・患部への負担を考慮し、再手術は半年以降に行います。
・保証制度は当院が定めた保証期間内に申告がなかった場合は適用されず、保証期間経過後に申告頂
いた症状や仕上がりについての治療、処置をする場合には、通常料金が発生いたします
・当院が閉院した場合はこの限りではございません。
保証対象外期間
〈4/27〜5/5〉〈8/10〜8/20〉〈12/26〜12/31〉は保証対象外外期間となります。

・保証期間は、施術日から起算します。
・再手術の実施日が、保証期間を過ぎている場合、保証対象外となります。
経過の確認や、保証の再施術を希望されている場合は、お早めにご予約ください。
保証内容
施術日より一年間
全切開・たるみ取り併用
不整・左右差・二重のラインが薄くなった場合、同一幅に限り医師が必要と判断した場合
眼瞼下垂
再下垂が発生し、医師が必要と判断した場合
目頭切開
不整・左右差があり、医師が必要と判断した場合
目尻切開
不整・左右差があり、医師が必要と判断した場合
下眼瞼下制
不整・左右差があり、医師が必要と判断した場合
眉下切開
不整・左右差・取り残したタルミがあり、医師が必要と判断した場合

Doctor 本ページの監修医師

吉原 伯

吉原 伯(よしはら のり) NORI YOSHIHARA

美容外科医として、培ってきた技術と美的センスを皆様にご提供いたします。
その中で、あなたのご希望に合うものを一緒に選んでいきましょう。
外見だけでなく、あなたの内面を輝かせるお手伝いが出来ればと思っています。
どこが気になりますか?どのようなお悩みもまずは、ご相談にいらしてください。

>> 詳しいプロフィールはこちらから

■ 資格

  • 美容外科専門医(JSAS)
  • サーマクール認定医
  • ベイザー脂肪吸引認定医
  • 日本救急医学会ICLSコース取得
  • 日本美容外科学会正会員(JSAS)
  • 日本美容皮膚科学会正会員

■ 略歴

  • 神戸大学医学部医学科卒業
    医療法人社団愛友会 上尾中央総合病院勤務
    (麻酔科、皮膚科、形成外科)
  • 湘南美容クリニック新宿本院、大宮院 勤務
  • 湘南美容クリニック大宮院院長就任
  • 早稲田大学大学院卒 MBA修了
  • 湘南美容クリニック新宿南口院院長就任
    SBCメディカルグループ統括院長補佐就任
  • SBCメディカルグループ代表補佐就任
  • 東京シンデレラ美容外科新宿院院長就任
  • 医療法人社団東新会理事長就任

さまざまな学会の専門医・会員が在籍

下記の資格を持つ医師が在籍しています。

美容外科専門医(JSAS)、日本美容外科学会会員、サーマクール認定医、ベイザー脂肪吸引認定医、日本救急医学会ICLSコース取得、日本美容皮膚科学会正会員

医師紹介ページ

医療広告ガイドラインについて

医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

①体験談の削除
②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載
患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

医療広告ガイドラインについて

HOT MENU 人気の施術

Column 関連記事

もっと見る